datascience

三角関数について③

更新日:

スポンサーリンク




三角関数について②はこちら


今日のお題:三角関数のグラフについて

今回は三角関数のグラフについて紹介していきます。

前回、説明したsinθからみていきましょう。

sinθ=yなので以下のようにグラフを描きます。

cosθについてみてみましょう。

cosθ=xだがグラフについてはy=cosθと考えます。

最後にtanθについてみてみましょう。
$$tanθ=\frac{y}{x}だがy=tanθとしてグラフをみます。$$

 

以上の3つが三角関数の基本となるグラフでこれでようやく基本的な意味としての内容の説明を終えることが出来ます。

三角関数の使い道

三角関数はNCプログラマや機械加工をしている人にとっては必須だが一般人にはほとんど使わないといわれます。ここでの、三角関数の使い道としてはまわりの長さや角度を求めるものだと思って下さい。

三角関数の意味が3回にわたって終わったので最終回はExcelを使った計算についてみていきます。

 

三角関数について①はこちら

三角関数について②はこちら

三角関数について最終回はこちら







-datascience

Copyright© excelで使えるデータサイエンスの数式 , 2020 All Rights Reserved.