datascience

FACT関数について

更新日:

今日のお題 : FACT(ファクトリアル)関数(FACT関数とは)

今回はFACT(ファクトリアル)関数について紹介します。FACT関数とは、階乗を求めるときに使う関数です。

 

FACT関数はこんなところで使うと便利です。

たとえば、音の異なる 5つのベルがあるときに、それぞれのベルを 1 度ずつ順番に鳴らす方法が何とおりあるかを計算したい場合があります。

このとき、FACT関数を使うと、とても簡単に答えを出すことができます。

 

FACT関数の数式

階乗とは、1 からある数までの連続する整数の積のことです。1 から n までの連続する n 個の整数の積を n の階乗といい、n! と書き表します。なお、0 の階乗 は 1 と定められています。

階乗の計算方法

 

excel(エクセル)での使い方

先ほど述べた5つのベルの鳴らし方は5!通りあります。Excelで出すには式として「=FACT(5)」と入力してエンターをおします。そうすると5×4×3×2×1と自動的に計算してくれるので120となります。

まとめ

このように数値の階乗の計算をするには、FACT関数を使うと便利です。

以上でFACT関数について終わります。

次回はPを使った関数を紹介します。

 

 

 







-datascience

Copyright© excelで使えるデータサイエンスの数式 , 2020 All Rights Reserved.